CentOS5

Google Page Speedでサイトの表示高速化

以前から知っていたけど、やっていなかったGoogle mod_pagespeedによるサイトの高速化。
噂通リの凄いやつ、ロード時間が1/3位に短縮されました。

CentOS5.8 とCentOS6.4で実験。結論はインストール手順には違いがなかった。

最初にyum-prioritiesをインストールします

[root@namhv src]# yum install yum-priorities

mod_pagespeed のYUM repositoryを追加

[root@namhv src]# vi /etc/yum.repos.d/mod-pagespeed.repo

CentOS 5.8 32 Bit or 6.4 32Bit  の場合

[root@namhv src]# vi /etc/yum.repos.d/mod-pagespeed.repo
[mod-pagespeed]
name=mod-pagespeed
baseurl=http://dl.google.com/linux/mod-pagespeed/rpm/stable/i386
enabled=1
gpgcheck=0

[root@namhv src]# chmod +x /etc/yum.repos.d/mod-pagespeed.repo
CentOS 5.5 64 Bit or 6.4 64Bit の場合

[root@namhv src]# vi /etc/yum.repos.d/mod-pagespeed.repo
[mod-pagespeed]
name=mod-pagespeed
baseurl=http://dl.google.com/linux/mod-pagespeed/rpm/stable/x86_64
enabled=1
gpgcheck=0

mod_pagespeedのパッケージ名を確認しましょう。
[root@namhv src]# yum list | grep mod-pagespeed

mod-pagespeed-beta.x86_64              1.6.29.4-3289                    mod-pagespeed
mod-pagespeed-stable.x86_64            1.4.26.3-3101                    mod-pagespeed

mod_pagespeedをインストールします。導入後にサーバを再起動すると有効になっています。

[root@namhv src]# yum install mod-pagespeed-stable

[root@namhv src]#service httpd restart

Turning the Module On and Off/On   <—-  これでGoogle pageSpeedのOn/Offします。

Google pageSpeedは/etc/httpd/conf/pegespeed.confの中に上記SWITCHがあるのでそこでOn/Offします。