Python WEBアプリをCGIで使う(後編:Part2)

今回は、Twitterのショートプログラムを作って見よう。

PythonでTwitterプログラムを作る時に便利なのがTweepy。
Twitter はREST API v1.0の頃と今は違って仕様が変わっています。巷にあふれているサンプルコードは動作しないものばかりです。動作するものはREST API v1.1に対応したtweepyが必要。
ところが、これがまた不完全で使えない機能が結構ある。

本家のtweepyが糞で使えない。一部対応しているが特に検索機能はだめ!
フォークしたtweepyを”sakito”さんが作ってるのでそれをインストールします。
https://bitbucket.org/sakito/tweepy/src/4e1704b3e391?at=default

Twitter検索の仕様)
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1/get/search/tweets

Twitter application keyの取得)
ログインしてアプリケーション登録するとキーが取得出来ます。
https://dev.twitter.com/

hgを使ってローカルに取り込みます。まずはhgがないと話にならない。
# yum install python-devel
# easy_install -U mercurial
# hg clone https://bitbucket.org/sakito/tweepy
# cd tweepy
# python setup.py install

はい、これで使えるようなりました。

検索プログラムで特定のTweetを引っ張りましょう。

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
import os.path
import tweepy2
import urllib

CONSUMER_KEY = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
CONSUMER_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
ACCESS_KEY = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
ACCESS_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'

# Twitter の認証を行う
auth = tweepy2.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET)
auth.set_access_token(ACCESS_KEY, ACCESS_SECRET)
api = tweepy2.API(auth)

def main():
# 検索
    query = u"犬" # クエリ
    results = api.search_tweets(urllib.quote_plus(query.encode('utf-8')))

    print "Content-Type: text/html;charset=utf-8"
    print
#    print "Content-Type: application/octeat-stream"
#    print ""
    print
    print
    print "<html>"
    print "<body>"

    for result in results:
         print str(result.created_at) + "<br>"
         print result.user["name"].encode('utf-8') + "<br>"
         print result.text.encode('utf-8') + "<br>"
         print "-----------------------------------------------------------------------------------------<br>"
    print "</body>"
    print "</html>"
    print ""

if __name__  ==  '__main__':
    main()