Lesson33 実習5


post.php

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>メール送信</title>
</head>

<body>

<?php

require_once "Mail.php";
//日本語文字コードをUTF-8で処理
mb_language("japanese");
mb_internal_encoding("utf-8");

//confirm.phpから受け取った送信内容を変数へセット
$button = $_POST['SendMail'];
if ($button != ""){
$mail_address = $_POST['Address'];
$mail_subject = $_POST['Subject'];
$mail_body = $_POST['MailBody'];

//SMTPサーバへ接続するためのアカウント情報
$params = array(
"host" => "example.org", //SMTPサーバ名
"port" => 587, //送信ポート25 or 587が一般的

"auth" => "PLAIN", //認証の方式、他に暗号化など色々ある
"username" => "ichinohe", //送信者名
"password" => "xxxxxxxx" //パスワード

);

//SMTPサーバへ接続
$mailObject = Mail::factory("smtp", $params);
$recipients = "ichinohe@netmars.mobi";
//FROMヘッダをISO-2022JPコードへ変換。ヘッダ情報にかんしては本文のコードとは別に考えISO-2022JPへ

//コード変換しMIMEエンコードするのが常識。そうしないと日本語が文字化けになる。
$fromstr = mb_encode_mimeheader(mb_convert_encoding($_POST['Sendar'],
"ISO-2022-JP","auto"))." < $mail_address > ";
//メッセージ本文へ表示されるヘッダ情報

$header = array(
"To" => "ichinohe@netmars.mobi",
"From" => $fromstr,

"Subject" => $mail_subject
);
//メッセージを送信
$ret=$mailObject -> send($recipients, $header, $mail_body);

//送信のエラー処理
if(PEAR::isError($ret)) {
die("送信失敗:".$ret->getMessage());
echo('もう失敗');
}

else{
echo('送信しました');
}
}

?>

<a href="index.php">TOP</a>

</body>
</html>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*