月別アーカイブ: 8月 2013

Python Bottle Framework + Twitter BootStrap + MySQL ベース環境

いろいろな開発で利用できるPython Bottle Frameworkの初期開発環境パッケージを作ってみた。Apache WEBサーバで動作するように作成していますのでご参考ください。Bottleは使った感じがFlaskに似ています。Flaskを使っていた時期もありましたが今はBottleをメインで使っています。

そもそも毎回環境作っていると面倒くさいので最低限の機能をまとめてみました。
ワタシ的には、WEBシステムの開発依頼を受けるとほとんどは、Python Bottleで間に合っています。まれに規模が大きい時はPyramidを使う時はありますが割合的にはPyramidを使うのは2割程度で8割がBottleです。Bottleに必須で足りないのは認証とPagerとメールくらいです。これが揃えば簡単に短期間でプロトタイプが作れます。たまに事情的にPHPで仕事依頼を受ける時がありますが、結構嫌です。といっても結構PHPの割合は依然多いです。やはりPHPのほうがコードの解読性が良くないのでそこが開発上嫌なとこかな。

ページは必要最低限のものしか入っていません。login認証、トップ画面、管理画面パネルのみです。
他の進んだフレームワークのように管理画面のパネルが一気にCRUD機能を自動生成するところまではやっていないので、管理画面は水平メニューしかありません。
ただし、ORM使って簡単にデータ操作行えば管理画面は簡単に作れると思うので皆さん自作してみてください。ここまでbottleの動作ができていればbottle frameworkを使った開発は難しくありません。

Python Framework + Twitter BootStrap + MySQL ベース認証で動作します。認証はわざと難しく作っていませんので自分のアイデアで拡張・改造してみてください。

ユーザ認証はlogin:test@example.com  password:admin01 のデータがデモ用で入っています。
直接DB操作でユーザ登録を行なってください。MySQLで登録する際、MD5関数でパスワードを登録してください

Bottle,Beaker,SQLObjectはeasy_install やpipで落としてください。

同梱物)

Apache Config File –  wsgi-bottle.conf

adapter.wsgi – wsgi with apache interface

index.py –  framework top program

bottle_db.sql –  mysql  db sql create file

Twitter Bootstrap –  css/  js/ img/  view/main.tpl

その他 –  基本プログラム&ファイル

 

Dwonloadはここをクリック

Python Bottle&Cork サンプルPG

Pythonのbottle.pyというフレームワークがありますが、なかなかわかりやすく使いかってが良いのでご紹介します。
下記はWEBで自分のサイトのランクを調べるプログラム。ログインして条件入力するページへ飛び検索開始すると1分ぐらいで順位を表示します。

あらかじめbottle,bottle-cork,google,BeautifulSoup,Beakerをpipもしくはeasy_installで入れておくこと。
bottle-corkはbottleのセッション管理モジュール。あまり詳しい情報が本サイトを見てもないのでソースコードを見るのが一番わかりやすい。

尚、プログラムはadapter.wsgiを使ってApache WEBサーバと連携するようにしてください。

必要とするPGファイル

  • adapter.wsgi
  • index.py
  • admin.py
  • rank.py
  • login.py
  • make_conf.py

テンプレート(views)

  • index.tpl
  • login_form.tpl

staticファイル(static)

  • css/style.css
  • js/protoypr.js
  • js/rankget.js

confファイル(conf)

  • register.json
  • user.json
  • roles.json
adapter.cgi
# -*- coding:utf-8 -*-
import sys, os ,bottle
dirpath = os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))
sys.path.append(dirpath)
os.chdir(dirpath)
from index import app
application = app
rank_get.js
function ajaxReq(url){
         var p1 = document.js.url.value;
         var p2 = document.js.keywords.value;
         var p3 = document.js.number.value;
         var para = new String();
         para += '&url=';
         para += p1;
         para += '&keywords=';
         para += p2;
         para += '&number=';
         para += p3;
         new Ajax.Request(url, {
                          method: "get",
                          parameters: para,
                          onSuccess:function(httpObj){
                          $("result1").innerHTML = httpObj.responseText;
                          $("result2").innerHTML = httpObj.responseXML;
                          },
                          onFailure:function(httpObj){
                          $("result1").innerHTML = "エラー及び取得順位ゼロが要因で読み込めませんでした";
                          }
                                });
     }

     Ajax.Responders.register({
         onCreate: function() {
         Element.show($('loading'));
     },

     onComplete: function() {
         Element.hide('loading');
         alert('complete');
     }
    });

   Event.observe(window, 'load', function() {
      Element.hide('loading');
    }, false);
make_conf.py
#!/usr/bin/env python
#
#
# Regenerate files in example_conf

from datetime import datetime
from cork import Cork

def populate_conf_directory():
    cork = Cork('conf', initialize=True)

    cork._store.roles['admin'] = 100
    cork._store.roles['editor'] = 60
    cork._store.roles['user'] = 50
    cork._store.save_roles()

    tstamp = str(datetime.utcnow())
    username = password = 'admin'
    cork._store.users[username] = {
        'role': 'admin',
        'hash': cork._hash(username, password),
        'email_addr': username + '@localhost.local',
        'desc': username + ' test user',
        'creation_date': tstamp
    }
    username = password = 'guest'
    cork._store.users[username] = {
        'role': 'user',
        'hash': cork._hash(username, password),
        'email_addr': username + '@localhost.local',
        'desc': username + ' test user',
        'creation_date': tstamp
    }
    cork._store.save_users()

if __name__ == '__main__':
    populate_conf_directory()
rank.py
#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
from google import search
from BeautifulSoup import BeautifulSoup
import urllib

class webRank(object):
      def __init__(self):
          self.lang = 'ja'

      def search(self,domain,mysite,words,st0,st1):
          cnt = 1
          for url in search( words ,tld=domain, lang=self.lang,start=st0, stop=st1):
                soup = BeautifulSoup(urllib.urlopen(url))
                if url.find(mysite) != -1:
                       try:
                           title =  soup.find('title').string
                       except:
                           title = ""
                       #return str(cnt) + u"位" + url + "  " + title
                       return [str(cnt),url,title]
                cnt += 1
admin.py
import bottle
from beaker.middleware import SessionMiddleware
from cork import Cork
from login import *

@bottle.route('/admin')
def admin():
    """Only administrators can see this"""
    aaa.require(role='admin', fail_redirect='/sorry_page')
    return 'Welcome administrators'

@bottle.route('/register', method='POST')
def register():
    """Users can create new accounts, but only with 'user' role"""
    username = request.POST.get('user', '')
    password = request.POST.get('pwd', '')
    email_addr = request.POST.get('email_addr', '')
    aaa.register(username, password, email_addr)
    return 'Please check your inbox.'
~
login.py
import bottle
from beaker.middleware import SessionMiddleware
from cork import Cork

# Setup Beaker middleware to handle sessions and cookies
app = bottle.default_app()
session_opts = {
        'session.type': 'cookie',
        'session.validate_key': True,
}
app = SessionMiddleware(app, session_opts)

# Use users.json and roles.json in the local example_conf directory
aaa = Cork('conf')

@bottle.route('/login', method='POST')
def login():
    username = bottle.request.POST.get('user', '')
    password = bottle.request.POST.get('pwd', '')
#    return username,password
    aaa.login(username, password, success_redirect='/', fail_redirect='/login')

@bottle.route('/login')
@bottle.view('login_form')
def login_form():
    """Serve login form"""
    return {}

@bottle.route('/logout')
def logout():
    aaa.logout(success_redirect='/login')

@bottle.route('/sorry_page')
def sorry_page():
    """Serve sorry page"""
    return '<p>Sorry, you are not authorized to perform this action</p>'
index.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import bottle
from bottle import route, request, response, template,static_file
from beaker.middleware import SessionMiddleware
from cork import Cork
from rank import webRank
# Setup Beaker middleware to handle sessions and cookies
app = bottle.default_app()
session_opts = {
        'session.type': 'cookie',
        'session.validate_key': True,
}app = SessionMiddleware(app, session_opts)
# Use users.json and roles.json in the local example_conf directory
aaa = Cork('conf')

from login import *
from admin import *

@route('/static/<filepath:path>')
def static(filepath):
    return static_file(filepath, root="./static")

@bottle.route('/')
@bottle.view('index')
def index():
    """Only authenticated users can see this"""
    aaa.require(fail_redirect='/sorry_page')
    return {}

@bottle.route('/rank', method="GET")
@bottle.view('web_rank')
def rank():
    """Only authenticated users can see this"""
    aaa.require(fail_redirect='/sorry_page')
    web = webRank()
    words = bottle.request.GET.get('keywords', '')
    url = bottle.request.GET.get('url', '')
    stop = bottle.request.GET.get('number', '')
    result = web.search("co.jp",url,words,1,int(stop))
    return {'url':result[1],'title':result[2],'rank':result[0]}

# Web application main

def main():

    bottle.debug(True)
    # Start the Bottle webapp
    bottle.run(app=app,host="0.0.0.0", quiet=false, reloader=True)

if __name__ == "__main__":
    main()
login_form.tpl
<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<meta content="text/html; charset=utf-8" http-equiv="content-type">
</head>
<body>

  <div class="login_box">
      <h2>管理ページログイン</h2>
      <p>ログイン項目を入力してください</p>
      <form action="/login" method="post" name="login">
          ログイン&nbsp;&nbsp;&nbsp:<input type="text" name="user" /><br>
          パスワード:<input type="password" name="pwd" /><br>
          <button type="submit" name="submit" > LOGIN </button>
          <button type="button" class="close"> CANCEL </button>
      </form>
  </div>

</body>
</html>

WORDPRESSからAjaxでPythonへリクエスト。DBデータをJSON形式にしてAjaxへ返却

Python WSGI SCRIPTで依頼元からAjax経由でJSONで受取り、DBから引用したデータをJSONデータにして返却するサンプル。呼び出し元はWordPressなどでAjax記述で呼び出して、コールバックしたものをWordPressに表示する。尚、DBはSQLObjectのORMapperを利用しています。

WORDPRESSの固定ページ、記事に直接Javascriptを記述できないのでプラグインを導入して利用できるようにします。
尚inline-jsと言うプラグインを使用しています。
このプラグインを導入します

WORDPRESSで呼び出すAjax

[inline]
[script type="text/javascript"]
jQuery(function(){
  jQuery('#get_search_json').click(function(){
    var data = jQuery("#job").val();
    var url = '/search/get_jobs';
    jQuery.getJSON(url,
          { 'job': data }, 
          function(data){
           for(var i in data){
               for( var key in data[i]){
                    jQuery('#result').append(jQuery('<p>').html(key +': '+ data[i][key]));
               }
               jQuery('#result').append("<hr>");
           }
    });
  });
});
[/script]
[/inline]



JOBの種類:<input type="text" id="job" />
<button id="get_search_json">JOB検索</button>
<div id="result" style="border: 2px solid #595">
[結果出力]
</div>

Ajaxで裏側で呼び出すAPI(WSGI SCRIPT)  url:/search/get_jobs – index.wsgi

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
import cgi
from sqlobject import *
import datetime
import json
import pprint
sqlobject_encoding="utf8"
#SQLObjectのバグでURLにcharsetをつけないと日本語コードが文字化けする。
sqlobject_url = "mysql://xxxx:xxxxxxxxxxxxxxxxx@localhost/nms_test?charset=%s" % sqlobject_encoding
sqlhub.processConnection = connectionForURI( sqlobject_url )

class Jobs(SQLObject):
      class sqlmeta:
        table = "jobs"
        fromDatabase = True

def application(environ,start_response):
      query = cgi.parse_qs(environ.get('QUERY_STRING'))
      status = '200 OK'
      response_headers = [('Content-type', 'application/json;charset=utf8')]
      listdat = []
      i = 0
      for b in  Jobs.select( Jobs.q.jobcategoryAlias == query['job'][0] ):
          if i > 4:
             break
          json_data ={'id':b.id,
                      'catch_copy':b.catchCopy,
                      'jobcategorysummary':b.jobcategorysummary,
                      'profile':b.mysummary,
                      'work_history':b.worksummary,
                      'requirement':b.description,
                      'position':b.position
                     }
          listdat.append(json_data)
          i += 1

      start_response(status,response_headers)
      data = json.dumps(listdat,indent=7,ensure_ascii=False )
      return data

WSGI SCRIPTのApache Web Serverへの設定

スクリプトは/etc/httpd/conf.d/wsgi.confへ以下のように追記します

LoadModule wsgi_module modules/mod_wsgi.so
WSGIScriptAlias /search/get_jobs /var/www/vhosts/wp2.alpscd.co.jp/index.wsgi

WORDPRESSの記事本文でJavaScriptを書く

WORDPRESSの記事本文でJavaScriptを書きたいことってありませんか、例えばAjaxで直接裏側でHTTPを叩いて得たデータを展開するなどあると思います。

WORDPRESSで実際記事本文にJavaScriptを書くと無視されてしまうのをご存知でしょうか?

そこで登場するのが、inline-js —— wordpress plugin
これを使えば固定ページや記事にもJavascriptが書けます。

jQueryやAjaxしたい人には便利ですね。書き方は以下のように書きます。

[inline]
<script type="text/javascript">
document.write("hello world!");
</script>
[/inline]

ちなみにjQueryは、”$”と書かれているところをjQueryという文字で置き換えないとWORDPRESSで動作しないので要注意です。

LESSON1 CentOSをインストールする P.24

VirtualBOXでCentOSをインストールする設定がレッスン1で用意されておりますが、パソコンにより1GBではメモリ不足でインストールの最終段階(再起動後の設定)で動作しないケースが読者より報告されています。

P.24には1GB程度のメモリと記載されておりますが、確実に動作させるため十分なメモリ(1.5GB)を仮想環境に対し割り当ててください。VirtualBOXの設定にあるメモリーサイズの箇所にてスライダーで動的に割り当てが可能です。

これにより仮想マシンを再起動すると、問題なく最終インストールが完了することができます。

WP/MT の高速化

WordPressやMovableTypeを使っていて遅いと感じること多いですよね。

こんな時に便利なのがキャッシュプラグインなのですが、キャッシュにはメモリのキャッシュとファイルのキャッシュがあります。
WordPressでは色々なキャッシュプラグインがありますが、基本ファイルキャッシュのプラグインが多いです。WPやMT混在で存在するなら

メモリー上で動作するキャッシュが早くてよいと思います。

有名なところでmemcachedが国内でも非常によく使われています。

まず最初にWPのケース

キャッシュサーバ導入
# yum install –enablerepo=rpmforge memcached <----rpmforgeのレポジトリが必要。 PHPキャッシュモジュール導入 # pecl install memcache PHPにモジュール組み込む # vi /etc/php.d/memchached.ini ; for memcache extension=memcache.so # service httpd restart # service memcached start 今度はWPの管理コンソールに入り、プラグインを新規追加から「Memcached Object Cache」をインストール。 ただしインストールした後に、pulguin/memcachedフォルダーからwp-content直下に object-cache.phpファイルを移動させてください。 これをしないと動作しません。 これでWPにmemcachedが設置されました。サイトが真っ白になるようであればWEBサーバを再度起動させてください。もしくはmemcacheモジュールが phpにうまく設置できていない可能性があります。

MTのケース

yumでmemcachedサーバをインストールするのはWPと全く同じです。

# cpan -i Cache::Memcached

# vi mt-config.cgi  <---最下部に以下を追加記述 MemcachedServers 127.0.0.1:11211 # service httpd restart <---本来CGIなので再起動いらないと思うが念のため。 # service memcached restart 以上で完了。サイトにアクセスするとキャッシュが効いています。 一通リのページに自分でアクセスしキャッシュを適用させておきましょう。